プログラマの転職にとって有利なscala

プログラマにとって、どのプログラミング言語を習得しているかは死活問題である。
転職する場合でも、習得している言語の種類によって就職先の選択肢が変わって来る。
できるだけ多くの言語を習得していればそれだけ転職に有利であるが、学習のために多くの時間を割く余裕は限られている。

プログラマがこれからのことを考えた場合、できるだけ将来性のあるプログラミング言語を選んだ方が良い。
その点でscalaは有望であり仕事で役立つ可能性が高い。
IT業界で高いシェアを持つプログラミング言語として挙げられるのがJavaである。
Javaが登場しソフトウェア開発に用いられるようになり長い時間が経過したが、次第に欠点も見えてきた。

そこでJavaの後継として新たに開発されたのがscalaである。
新たな言語を使えるようになるには学習が必要であるが、後発のプログラミング言語ならではのメリットは見逃せない。
Javaよりも少ないコード入力で効率よく開発ができ、短時間で仕事の成果が出せる。

さらにはバグが少なく安全性の高いプログラミングが可能な点も注目に値する。
IT分野の転職市場では依然Javaに人気があるが、いずれscalaがJavaにとって代わられる可能性も否定できない。
今でこそJavaが優勢ではあるが、まだライバルが少ない段階でのscala習得が転職に有利な理由の一つであり、すでにJavaやあるいは他の言語の学習経験があるプログラマであれば、習得にそれほど苦労することもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です