苦労を乗り越えるために

インターネットが登場した頃は媒体はパソコンだけで、プログラマにとって比較的楽な時代と言えたであろう。
もちろん新しい技術として先が見えない、マニュアルが存在しない中で築き上げてくる苦労はあるが、それはより進化を求められる現在も同じであり、それ以上に苦労しているといっても良いのである。

理由としてはインターネットひとつにしても媒体が多くあり、以前はOSの違いだけに注意すればよかったのだが、現在はパソコンの他にスマートフォンやゲーム機、テレビなどにも対応が求められるのだ。
しかもインターネットは商品販売の大きな市場となり、どの媒体でもアクセスできるというのは売り上げにつながり、クライアントからの求めは高くなる一方である。
そういった意味で仕事や職種的に以前よりも苦労が増えたのだが、同時にscalaなど役立つプログラム言語も存在しているのだ。

オブジェクト指向や関数型、Javaといったプログラムに対応していて使い勝手が良くなり、うまく活用すれば作業効率を上げることができるだろう。
技術進化が著しい中で、常に対応できるように学ぶのも大変であるが、知識を増やせばできる内容が増えて仕事においても役立ってくれるのである。

プログラマはスキルや知識が身についているのはもちろん、柔軟性も必要となる職業で苦労は多いものだ。
それでも作り出す楽しさや達成感があり続ける人は多く、少しでも効率性をあげるために使い勝手の良いscalaなどをマスターするのがおすすめである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です